ポケモン・メガゲンガーの育成論、技構成は?

Sponsored by Google

10月に発売され、
世界中で大きな話題となったポケットモンスターX・Y。

これまでのドット描写から一転、
アニメチックな3D描写に変更され、
より臨場感あふれるプレイができるようになりました。

そんなポケモンX・Yで非常にファンを驚かせたのは、
既存ポケモンのさらなる覚醒、メガシンカ

これまでの人気ポケモンたちが、
また異なる外見へと驚異的な進化を遂げていくのです。

そんなメガ進化でも、特に話題となっているのが
ゲンガーのメガシンカ形態、メガゲンガー。

名前はそのままな感じですけど、
だいぶん見た目が変わっています。

なにやらゲンガー進化前のゴーストを
ゲンガーに加えたようなビジュアルですよね。

ちなみにゲンガーはポケモンシリーズの中でも
屈指の強力ポケモンとして知られています。

高い素早さに加えてゴーストタイプであること、
そして特殊攻撃が高いことがその理由。

さらに、毒に効果が抜群であるじめんタイプを
特性ふゆうによって無効化するなど、隙のなさが魅力です。

メガ進化したメガゲンガーは、特殊攻撃力が格段に向上し、
その他のステータスも軒並み上昇するという強さを見せつけます。

残念ながら特性がかげふみに変わったことで、
じめんタイプを弱点としてしまいますが・・・

かげふみの特性によって相手ポケモンはにげる、
チェンジができなくなるため、じめん以外のモンスターを圧倒します。

そんなメガゲンガー、やはり強化すべきは
素早さと特殊攻撃。

努力値極振りして余った分をHPに回すというのが
もっとも理想的な育成方法と言えるでしょう。

防御は捨ててしまう形になりますが、
ゴーストタイプによる恩恵と素早さ、
特殊攻撃の高さがあれば問題ありません。

ここで気になるのは、技の構成。
確実に覚えておきたいのは、
属性一致のシャドーボールと、みちづれ。

みちづれで共倒れを狙うことができますし、
特殊攻撃の高さをシャドーボールで活かせます。

また、10万ボルトやギガドレイン、サイコキネシスなどといった、
特殊攻撃系の別タイプ技を持っていれば、
より有利に戦闘を進められることでしょう。

もちろん、ゲンガーと同じような特徴を持っているので、
ゲンガーと同じような技構成でも問題はありません。

このほかにも育成論や技構成は様々な可能性を秘めていますので、
それを調べていくのも楽しいですよ!

それでは!

Sponsored by Google

コメントを残す